Monthly archives: 2月, 2018

今、話題のデブ菌を徹底的に勉強してみることにした

少しお腹が空いたと思う時は食べ物よりもまずは水分を摂ることをお勧めします。
実際は水気が欲しいだけなのに、空腹だと感じてしまうことは多々あります。

そんな時はコップ一杯の水を飲めばお腹が落ち着き、何も食べずに済みます。
冬はお湯を飲んだり、お湯に生姜やレモンを混ぜたものでもいいでしょう。珈琲のようにカフェインが入ったものは利尿作用で水分が出ていってしまいますので避ける様にしてください。ダイエットしたいと考えたのは、もっと流行りの洋服を着こなしたいと思ったからです。

子育てでそんな時間がないと言い訳して、自分の身なりをおそろかにし、若々しい気持ちやオシャレとはかけ離れ、外出するのも面倒になってしまいました。

パリッとした格好でお出かけすることを楽しんでみたい、オシャレな格好をしたい、若いイメージのママでいたい、古い知り合いに会ってびっくりされたくない、ダイエットしたい理由は枚挙に暇がありません。問題はどうやってダイエットを継続するかです。ダイエットで絶対にやってはいけないのは無理な食事制限。

食事制限は以前の食生活に戻した途端すぐに体重は戻ってしまいますし、この先もずっとその食事制限を守ることを思うとうんざりすると思います。ずっと甘いものは食べません、なんて続かないんだから絶対やめたほうがいい。
始めは中々好きになれないかもしれませんが、結局体を動かすのがベストだと思います。水分補給にダイエット中は炭酸水の柑橘系の味のを飲むようにしています。野菜中心の食事にできるだけし、肉や魚も摂取しながら買い出しに行き、手作りの料理をするようにしています。乳酸菌ドリンクやヨーグルトをダイエットのため食べて、便秘予防するようにしています。

自分の足を使い、ウォーキングをできるだけしながら歩くようにもして体重減少になるように努力してます。
毎日体重測定をし、ノートに記載することでさらなるダイエットのモチベーションもあげるようにしています。誰でも一度はダイエットを試みることがあるでしょう。自分も最近また頑張りたいと思って、軽い朝ごはんと大きなサラダでお昼ご飯を摂るようにしています。いつも同じ内容ではなく、少しお肉を入れ、また入れる野菜も変えて、飽きないように心がけています。

そうすると1日のカロリーよくわかりますし、夕飯では自分が食べたいと思うものを食べられます。厳しい制限を強いるダイエットより簡単だと思います。
夕ご飯の時間に気を付け、週末はカロリーが高い食事にすれば、そこまでダイエットも辛くないでしょう。ダイエットで最も効果があったのはウォーキングです。
地道に歩いて代謝をよくし、汗をながすことが一番体重が落ちて効率の良いダイエットになりました。

体重がピークのときからマイナス5キロになりました。
食事制限をするとストレスが溜まるので、わたしはできなかったです。意識的・継続的に歩く取り組みやすいダイエットだと思います。

ぜひ試してみてください。ダイエットの心構えとして無理せず続けることに注力するのがいいでしょう。

せっかく痩せてもリバウンドしては意味がありません。

はじめはカレンダーを用意して、そこに目標を書きます。

2キロ痩せるくらいの目標がちょうどいいかと思います。後、晩御飯のご飯を半分に減らしましょう。また、30分弱歩くようにします。

これを週に3日くらいはやるようにします。

週末体重計に乗って、カレンダーに写します。

いきなり多くを期待せず、徐々に減らしていくのが、継続の秘訣です。

よいダイエットとは短期間で痩せるものではありません。急激に痩せることは体に大きな負担がかかりリバウンドしやすく太りやすい体質になってしまう。

リバウンドしない身体作りから始まり、健康的に痩せていくためにはバランスを考えた食事をし、有酸素運動を行い、ストレッチに筋力を鍛えたりお腹の調子を正常に保ったり、睡眠改善などをして、時間をかけながら努力を継続しなければならない。ダイエットするには、日常生活でお金をかけずに手間をかけるのはどうでしょう。

例えば、床を掃除する際に、ダスタークロスをで拭くところを雑巾にしてみる。デブ菌を減らす為のサプリ
そうすることで消費するカロリーが増えて、ダイエットの効果もあり、お金も浮かせられるといいことばかりです。当然、続けていけるちょうどよい範囲で結構ですが、出費を抑えられ、カロリーの消費が増やせることを見つけ出していけば、案外楽しみつつダイエットが続けられるのではないでしょうか。ダイエットの効果をあげるために最初に行うべきことは自分の気になる部分をリストアップしていき、この部分から変えていこうという順位をつけることが重要です。あちこち一度に変えようとすると運動しなければならない量や方法が多くなり、三日坊主で終わることが多々あります。
まずは部位の優先を決め、その部位毎にマッチした運動法をしていくことをお勧めします。部位を絞ることでダイエットの効き目が出やすく、達成感を味わうことができ、ダイエットを継続する自信になります。